Language: flagflag | 新規ユーザ登録 | パスワード紛失
公式サイト
 
作例紹介
 

How to build the Excelsior
ツクダの『USSエクセルシオール』ソフトビニール・キットを使ってディテール・アップする作例をご紹介します。
AMT/ERTL のプラスティック・モデル『U.S.S. EXCELSIOR』または『U.S.S. ENTERPRISE - B』の場合もほぼ同様の行程となります。
作業行程
写真
クリックして拡大

1. ソフトビニール・キット『USSエクセルシオール(生産終了)』を用意します。

各パーツを熱湯に潜らせ、歪みを矯正します。

2. ソフトビニール・キットはモールドが甘いので、スジ彫りを彫り直します。 その後、サフェーサーを吹いて下地処理を行います。

3. プラ板にグリッドラインをトレースして、アズテックパターンを描きます。

4. 描いたアズテックパターンをデザインナイフで切り出します。

5. アズテックパターンが細かいので、切り出す時は慎重にナイフを当てます。

6. アズテックパターンを切り抜いたプラ板を白の下地塗装を終えた第一船体に当て、薄いグレーを吹きつけます。

7. ひと通りアズテックパターンの吹きつけが終わったところです。 同様の手順で裏面も行います(右上に見えるのはAMT/ERTLのキットの第一船体です)。 アズテックパターンの吹きつけが終わったら、下地色になじませるため薄く溶いた白を全体に吹きつけます。

8. 基本塗装が終わり、ドン・マシーエクセルシオ専用デカールシートを貼り終えました(左上に見えるのはAMT/ERTLのキットの第二船体船尾です)。

9. 第一船体クローズアップ この後、船名および登録番号のデカールを貼ります。
NCC-2000でエクセルシオ、NCC-62043でメルボルン、NCC-42296でフッドです。

10. カスタムスタンドに固定して完成です。

その他のアングルはこちらからご覧下さい。



前
USSヴォイジャー NCC-74656
カテゴリートップ
インデックス
次
スタジオモデル・ギャラリー

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

 サイト内検索
 サイト情報
サイト管理者

Masaki
 











Starship Class (c) 2000 - 2015 当サイトに掲載されているオリジナル作品には著作権があります。詳しくはFAQをご覧下さい。